バストアップサプリ:実際の効果は!

バストアップサプリ副作用

女性にとってバストの大きさは結構深刻な悩みとなりやすいものです。

 

 

バストを簡単にサイズアップできれば自分にも自信が持てるようになるのは確かなので多くの女性がバストアップサプリに興味を持っているようです。


ですがつい最近はバストアップサプリで副作用が起きてしまったという事例がいくつも報告されており、厚生労働省の方からもバストアップサプリに関して注意喚起がありました。

 


★ただしバストアップサプリの全てが副作用の可能性があるわけではありません。

 

1・今回バストアップサプリの成分で副作用が起きたという報告があったのはプラエリアミリフィカの配合されたサプリに関してでした。

 

2・プラエリアミリフィカは多くのバストアップサプリに配合されている成分で、体内に取り込まれることによって生理前にバストのハリがある状態が長く続くような作用がありバストアップ効果が比較的短期間で得られるということでかなり人気がありました。

 

3・ですがこのプラエリアミリフィカは女性ホルモンと同じような働きをするマメ科の植物で、毎日摂取を続けていると不正出血を起こしたり生理不順などのホルモンバランスの崩れを引き起こすことがわかってきたようです。

 

4・さらには頭痛や胸の痛み、吐き気、お腹の張りなどの症状が出てくる女性もいるようです。

 

こういった副作用は人によって起きたり、起きなかったりの違いがありますが、やはりプラエリアミリフィカがいくら植物性のエストロゲンであったとしても女性の体にとっては負担になってしまうこともあるということを認識しておいた方が良さそうですね。

 

同じバストアップサプリでもプラエリアミリフィカを配合していないサプリもあります。プラエリアを使用していなくてもバストアップ効果があるサプリも実は販売されています。

 

もし副作用が怖いというのであれば、最初からプラエリアが使われていないバストアップサプリを購入するのが安心でしょう。

 

プラエリアの代わりにバストに栄養をしっかり送ってバストの成長をサポートする効果のあるサプリですと副作用のことはほとんど気にせずにすみます。

 

ですから、こういったサプリなら長期的に摂取しても安全かつ安心なのでおすすめです。

 

どのようなサプリメントでも100パーセント副作用が無いとは言い切れるものではありません。

 

ですが、サプリは基本的には毎日飲み続けるものですから、あらかじめどのような副作用が起きる可能性があるのかをきちんとリサーチした上で、バストアップサプリ選びをした方が良いでしょう。

 

page top