バストアップと美ボディの作り方

美ボディメイクは内側から

全体的にプロポーションがいいのなら必要はないけど年齢と共に体系が崩れてくることがあります。

 

表面ぼ部分より内面かえあ奇麗にした方が美しくなれる事が分かっています。

 

今から、内側からキレイにおなる方法を書いていきます。

 

女性らしいきれいな身体になりたい!ほとんどの女性が一度は思うのではないでしょうか。女性らしい丸みを帯びた体は素敵ですよね。方法としてはサプリメント、筋トレなどたくさん種類がありますが、値段の割には効果がいまいちだったり、毎日の運動が辛くて続かなかったり…。

 

そこで今回は美ボディに効果的な「食べ物」についてご紹介したいと思います。食事は日々の生活において欠かせませんよね。また、今回ご紹介する食べ物たちは美ボディメイクだけでなく、ツヤツヤな髪や美肌までかなえてくれるんです。食べ物でどうしてそこまで?それは今回ご紹介する食べ物に「女性ホルモン」が大きく関わっているからです。

 

まずは女性ホルモンについてご説明したいと思います。女性なら誰もが持っているホルモンで、バストアップや生理前のイライラや妊娠など、女性の機能や身体づくり、メンタルに大きく関わっています。女性ホルモンは主に「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類で構成されています。

 

 

美ボディを作るために力を発揮してくれるのは「エストロゲン」です。エストロゲンは美容や健康、メンタルの維持に大きな役割を果たしています。骨や血管、脳などの機能を健康に保ち、女性らしい身体を作ってくれます。また女性なら誰もが知っているコラーゲンの生成にもエストロゲンは欠かせません。

 

次に「プロゲステロン」です。生理前に便秘や肌荒れ、イライラを感じたことはありませんか?月経前症候群(PMS)といいます。プロゲステロンが増えすぎると、生理前に困った働きをしますが、実は妊娠においてとても重要なホルモン。受精や着床がしやすくなる基礎体温を上げたり、卵子を守るベッド代わりの子宮内膜を維持してくれます。今回は美ボディについてですが、どちらのホルモンも女性には欠かせない重要な役割を担っています。

 

さて、それでは女性ホルモンを多く含んだ食べ物を3つご紹介したいと思います

 

まずはアーモンドやピーナッツなどのナッツ類。ビタミンEが豊富で、ホルモンバランスを整えて美肌にも効果的です。パリのモデルさんたちはダイエットをしている時でもナッツは必ず食べるそうです。ナッツなら袋を気軽に持ち運べるし、コンビニでもちょうど一人用サイズのものが売られているし、小腹がすいた時やおやつにちょうどいいですね。

 

次にアボカド。マグネシウムやビタミンE、ビタミンB、葉酸、食物繊維、カリウムなど、ホルモンバランスを維持する成分が豊富です。森のバターといわれるほど栄養も豊富。女性は好きな方が多いですよね。

 

そしてマグロ、カツオです。魚に女性ホルモン?DHAだけじゃなくて?と思われるかもしれませんが、魚類に多く含まれるビタミンB6は、先ほどご説明した美ボディメイク担当のエストロゲンの代謝に働きかけ、代謝を整えます。

 

それでは最後におすすめのレシピをご紹介します。レシピといっても本当に簡単です。材料はマグロとアボカドだけ。マグロの切り落としと好みの大きさに切ったアボカドをわさびと醤油で和えるだけです。温かいご飯とよくあいます。

 

ほかにも女性ホルモンを含んだ食品はたくさんあります。今日の身体は昨日食べたものでできているといっても過言ではありません。女性らしい身体づくりのために、まずは身体の内側から見直してみてはどうでしょうか。