バストアップサプリ飲み方

バストアップサプリ飲み方

生理中は飲まない方がべター

一口にバストアップサプリと言っても、実は飲む時期を間違えると、効果が無いだけでなく、副作用が起きることもあるので注意が必要です。

 

まず、バストアップサプリには2種類あることを確認しましょう。
1・卵胞期に作用するもの。
2・黄体期に作用するものです。
ですから、卵胞期に作用する方のサプリを黄体期に飲むと、バストアップどころが体調を崩すこともあり得ます。

 

サプリによっては何時飲んでも大丈夫なように成分が調整されているものもありますが、殆どは卵胞期、黄体期のどちらかに作用するように出来ていることを覚えておきましょう。

 

卵胞期とは、生理が終わったすぐ後から1週間位の間のことで、排卵までの時期を指します。また、黄体期は卵胞期が終わり、3日間の排卵期間の後、生理が始まるまでの10日〜12日間位を指します。
これを目安に、卵胞期用のサプリと黄体期用のサプリを効果が出る時期に飲むようにしましょう。

 

また、飲む時間帯ですが、これはそれぞれのサプリに書かれた時間にかなり差があると思います。これは、カプセルか、凝固状か糖衣状か、そのサプリの形状によって吸収にかかる時間が異なることも原因です。
でも、一般的にはバストアップサプリは、血の巡りが良い日中に飲む方が効果が高いと言われています。昼間は身体を動かすことに依って血行が良いので、サプリの成分が全身に行きわたりやすいというのが、その理由です。

 

更に、他の食べ物と一緒になるよりは、サプリだけを飲んだ方が効果が高まるので、空腹時に飲むのが良いとされています。
バストアップサプリを飲む時は、鉄剤のようにお茶と一緒に飲んでは効果が無いと言うようなことはありませんが、やはりサプリの成分に影響が出ないように、出来るだけ水やお湯で飲むことをお勧めします。

 

生理中の摂取ですが、生理中はプロゲステロンという黄体ホルモンが多く分泌されるので、そこにバストアップサプリを飲むとホルモンの分泌異常を起こす恐れがあるので、殆どのバストアップサプリは、生理中に飲むことには注意を喚起しています。
今迄飲んでいたけれど、体調に変化が無かったという方も、生理中は飲まない方が良いでしょう。

 

⇒バストアップサプリランキングはこちら