バストアップブラ

バストアップブラ

バストアップブラの着用メリットと胸のタイプに応じた商品の選び方

最近スタイルアップ対策として、バストアップブラを着用し、体型にメリハリを付けようと努力している若い女性が増えています。

 

補正下着の一種とも言えるバストアップブラは、通常のブラジャーのように、あくまで着用している時だけスタイル良く見せるのではなく、その効果には持続性があり、理想のバストの形を形状記憶のように長い時間美しく見せる事が出来ます。
また通常のブラジャーの場合、どれだけ胸肉をカップに寄せて詰め込んでも、直ぐに脂肪がはみ出してしまい、時間が経過すると見た目が悪いバストラインになってるのも稀ではありません。

 

サイズが合わない機能性がないブラジャーを長期間付けていると、バストの形を潰してしまうだけでなく、折角のバストサイズも萎んでしまう恐れがあります。
そのデメリットを全て払拭したのがバストアップブラになり、自分のバストサイズに適性ある商品さえ手に入れれば、綺麗な胸の谷間をずっとキープし続ける事ができます。

 

またバストアップブラを休む事なく着用し続ける事で、寄せ集めた胸の脂肪にピンと張りが出てくるようになり、バストの形を常に綺麗に整える事も可能になります。
ただ女性のバストはサイズの大小や、左右で形が違うタイプ、垂れ下がり具合も個々によって違ってきます。

 

今は個々の悩みに応じて選べる豊富なバリエーションのブラジャーが販売されているので、下着専門店でよく吟味して選ぶ事をお勧めします。
バストが小さい人は、目に見えるようなサイズアップが狙える(4分の3カップブラジャー)は大変お勧めで、脂肪を中央部分に寄せ集め、特殊ワイヤーで形をキープするので、更なる胸の谷間のボリュームアップが期待できます。

 

Dカップ以上のバストサイズの人は、(フルカップブラ)を選び、優しく余裕持ってカップ全体を包み込むのがお勧めです。
横に胸の脂肪が広がりやすい欠点を(フルカップブラ)で寄せて上げる事で、脇付近がスリムに見えるようになるので、よりスタイリッシュな印象になります。

 

そしてバストサイズが左右で大きさが異なる時は、大きいほうに合わせてブラを選ぶのが鉄則で、小さい方はパット等で調節し、サイズ差を埋めてしまうのが賢い方法です。
バストサイズは30代に入ると急激に張りを失って垂れてくる傾向にあるので、なるべく20代のうちから矯正力があるバストアップブラを着用していく心掛けをしていきましょう。

 

 

 

 

最適なバストアップブラはこちらです。
楽天レディースインナー第1位
楽天ブラジャー単品第1位

付けるだけバストアップ